FXはボロ儲けできるが大損もしてしまう

FXは大損することはあるの?

比較的低投資で始められるとして有名なのがFXの投資です。

低投資なら損したとしても大きくなることがないので、初心者にオススメできる投資です。

しかし、FXをよく知らないと痛い目を見てしまいますので、よく知ってから始めることが一番です。

知らなければいけないことで大事なのが大損です。

低投資でできる投資だから大損しないのではないかと感じられるけれども、それは違っていて非常に辛くなるほどの大損をすることがあります。

なぜ大損するのかというと、それはレバレッジがあるからです。

FXは他の投資と違っていて、レバレッジというシステムがあります。

レバレッジは、実際に投資する金額より何倍も多く投資できるシステムで、これにより低投資でも大きく利益が得られるようになります。

良いシステムといえるのですが、しかしこれにより低投資でも大きく損することもあり、取り返すことが困難になることもあります。

これがFXのリスクにもなりますので、レバレッジのことをよく知り投資していくことが必要です。

FXで大損しないためにも大事なのは?

FXに限らず投資で大事になるのが、できるだけ大損しないことです。

損することはプロのトレーダーでもあることで、損することを意識するのではなく、大損しないことを意識していかなければいけません。

そのためにも重要なのが、どうすると大損しないのかです。

大損しないためにも重要となるのが、損切りする覚悟と強いメンタルです。

損している時に、そのうち戻るだろうと思いポジション維持する人が多くいらっしゃいます。

確かに戻る可能性はあるのですが、しかし確実に戻るわけではなく更にマイナスになることがもあります。

大損するのか取り戻すのかの危ない橋を渡るよりも、一度損を確定させて再度トライしていくことが大損しないために必要としています。

また、損した時に平常心を失ってしまうと、的確な投資ができなくなり、大損する結果となることが多いです。

負けたとしても平常心が保てるぐらいのメンタルを持つことも必要なので覚えておいてください。